片付けが苦手な血を引く長男

小さな頃、片付けが苦手でした。8畳の部屋を姉と2人で使っていたのですが、いつも姉にきれいにしなさいと怒られていたのです。
今、思い出そうとしてもどんな風に散らかしていたのか思い出せません。しかし、とてもきれい好きの母がほうきを片手に私たちの部屋へと階段を上がってくるトントンという足音を聞くと、恐怖で涙が出る思いでした。

上がってくるまでのほんの十数秒でできる限り片付けるのですが、間に合うものではありません。
母は容赦なく、ほうきの柄で私たち姉妹を叩くのでした。

私にしてみればきれいに片付けている姉さえも叱られていたのですから、私は姉の2倍は叱られていたと思います。

そんな事もあり、自分は片付けが苦手なのだという意識を持ったまま大人になりました。

しかし、人間はせっぱ詰まると変わるものです。

私にとってその変わるチャンスは長男が生まれた時でした。

生まれたばかりの長男が大切すぎて、長男の周りに漂う埃や落ちている小さなゴミが許せなくなったのです。手をきちんと洗ったか定かではない夫にさえ、赤ちゃんの長男を抱かせるのが嫌でした。
その後、家族も4人に増え、成長し、家の中の荷物も増えてくると、片付けていない部屋を見ると苛々するようになり、昔、鬼のようだと思っていた母の片付けなさいという怒鳴り声を気づけば私もあげているのです。

小学校に入学した長男の、初めての家庭訪問があったときのことです。

お宅の子供は、よく物をなくしたり片付けができなくて困ります、と先生がいうのです。
先生が帰った後、長男を呼びつけ叱ろうとした時、幼い頃の自分の姿と重なりました。私の子供なのだから、仕方がないと笑ってしまったのです。

いつもいつも、机の下に物が落ちていると叱られるの、としょんぼりする長男に、母もあなたと同じだったけれど、今は違うからあなたもきっと大丈夫、とこの時ばかりは励ましました。

しかし、日常脱ぎ捨ててある服や床に落ちているマンガを拾い集めては、相変わらず息子達を追いかけ回す私なのでした。



ねずみの退治の方法の基礎知識をご説明をしたいと思います。

皮膚科の永久脱毛の評判情報があります。

1人1人に合った東京の発毛の情報もあります。

業務用食材の通販が最近こちらで話題になりました。

宮崎の脂肪吸引を利用してみる価値はありますよ。